スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

He is sweet.

最近の欲求は「本が読みたい」です。もちろん日本語の。
日本にいた頃の休日は、雑貨屋巡りか本屋で時間を過ごしていた私。
改めて、本が好きなことを実感。実はこの本が読めないことが一番さみしいことかもしれません、私にとって。
なぜなら、一番の気分転換方法だから。

最近観た映画、ちょっこり紹介。

「ANGEL・A」

ANGELA_1wall_convert_20090408221337.jpg

こちらリュックベッソン監督でフランス語だったので、特に内容気にせず購入。
酷評が多いようですが、個人的には好きです。
モノクロの世界観もこの映画には合ってると思う。
映画の主人公の男性はモロッコ人で実際には「片腕のコメディアン」としてフランスで活躍しておられるらしいです。ちなみにアメリにも出演していました。
ヒロインは、スーパーモデルだとかでスタイル抜群で超美人です。
アブが「彼女美人だ。」とか言うから妬きました。「モデルだからね。」(ふんっ)と返しました。


angela_3.jpg





お次はこちら。
「食べて祈って恋をして」

o0400059310762937966.jpg


これはあらすじを見て、「イタリアでの食い道楽」という言葉に惹かれてレンタルしました。
ちゃんと見ずにレンタルしたので、見てから主人公がジュリアロバーツであると知りました。
彼女も年を重ねたなぁと思いましたがあの笑顔はキュートすぎる。
エリザベスギルバートさんという作家さんの実話に基づいたお話だそうです。




image001.jpg

かわいい。ちゃんと「pray」のとこは数珠みたいなんなってる。

イタリアの美しい街並みに目が思わず輝く食事たち。
バリの情景もとても素敵でした。

映像がきれいでかわいくてお洒落で視覚でも楽しめます。
ストーリーを楽しみたいならこれは本の方がいいと思って本も購入しました。
手元に届くまでまだ先ですが。

主人公の心理描写は映画じゃ限界がありますもんね。
個人的には同年代の女子におすすめできる映画です。

「愛してたのよ。」
「想い続けて。」
「私を想うときは愛と光を私に届けて。そして忘れて。悲しみ消えるわ。すべて消える。」
「愛のために調和を失うことは調和のある生き方の一部なんだよ。」
「旅の全てを手がかりと考え出会うすべての人を先生と考えるのだ。そして自分と向き合い自分自身で難点と思う部分を許せば真実が見えてくる。」


ってロバーツさんが言ってました。

アジアの街並みは素敵。あの湿った透明感のある空気が好きです。
そのうちまた東南アジア行きたいな。
バリは中学校のときから絶対行くと思い続けて未だ行けていませんが、タイミングが来れば行けるのでしょう。

これまで「やりたい、見たい」と感じたことは行動している私。
そんな私を母は「幸せだ。」と言いました。
30代になる自分がどうなっているか、あまりに想像つかなすぎて不安も通り越して実はとても楽しみです。

空っぽにすればその分容量が増える。
捨ててしまったらその分新しいものが入ってくる。
この捨てるっていう行為は一度手にしたものであれば、なかなか困難だと思います。
でも詰め込むだけじゃ限界がある、それに捕らわれすぎていることもある。
とらわれすぎない、自分を軽くする。実はとっても大事なことだと思います。肩の力を抜くこと。

201102091121178e1.jpg


こっちの人が驚く私によく言う一言。
「アフリカでは何だって起こりうる、なんだって可能なんだ。それがアフリカ。」
もちろん皮肉なんだけど、みんな誇らしげに言うんです。

さて今日の休日ものんびりできました。
本があったら最高なんですけどね。
本とおいしいコーヒー。

それでは明日からまた一週間、笑顔で過ごしたいと思います。
私が私の一番好きなところは「笑いの閾値が低いこと。」です。
スポンサーサイト

Comment

No title

私も母から同じこと言われた事ある。確かにそうやんな(*^_^*)コーヒーと本いいね~!!ジブチにも飛び火してるけど、かほちゃんとこは無事そうで安心。

No title

申し訳ありません。








ジュリア・ロバーツ最高っす。

完全にカスコメでスタ。

No title

食べて~は日本でも流行ったよ~多分。
いつも聴いてるラジオですごいプッシュされてました。
もう映画は全部フランス語のみで観てるの?

あきちゃんっ

もうコーヒーはスーパーに唯一売ってる、
徳用的なエチオピアコーヒーはやめました。笑
ドミに本たくさんあるけど、意外に読みたいのはないのよねぇ~。

せおさん。

あ、そうなの?こちらにいると全然そういった情報は分からないですねぇ。
もちろん、フランス語で聞いていますが、字幕つけなかったら理解できるのは相変わらず5分の1くらいです!!

Re: No title

ジュリアロバーツの笑顔は反則ですね。

カスコメ。笑
分かります。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。