スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブチのムスリム事情。

10/13 
今日は授業がお休みでしたので、家政と服飾の先輩隊員の配属先の見学へ。


こくばん


さいほう


ミシンは足踏みタイプのもので、値段は約1万5千円。これは買いですね。


みしん

この二年間の間で、ワンピースを作れるようになることが目標です。
そしたら私、服にも困りませんの。ワンピースが好きなんですの。

そしてジブチはほとんどがムスリム。なので、丁度お昼どきにお祈りが始まります。そしたらお店を閉めてお祈りが始まるため、お昼ご飯は外食するにも買い出しするにも、とても困ります。お店の営業時間も午前7:30~12:30、午後16:30~22:00?くらい?夜は何時まで開いているのか不明。なかなか行動しにくかったりもします。

んで、男尊女卑が強い社会かと思えば何のことはない、女性は強い。気も強い。管理職に就いている女性も多く、服装も若い子はデニムにTシャツだったりします。既婚女性は一人では外出できないとか、ジブチはムスリムでもそこまで厳しい戒律は根付いてないようです。(豚肉やお酒は禁止のようですが)
そういうわけで、どこでもいつでも女性のパワーには頭が下がる思いです。
超~~~~~長い目で見て、アフリカでも男尊女卑の社会はいつかなくなるのかもしれないな、とふと願いを込めて思ったわけです。
先に謝りますごめんなさい、だってそんなの本当にくだらない。立ち上がれフィーユ!

全身、顔も覆うムスリムの衣装ですが、あれは既婚女性が身に纏うものでブルカといいます。

服飾隊員の先輩が、普段ブルカを着ている女性に洋裁を頼まれたそうです。
その生地が透け透けのレースでそれでホルターワンピを作ってほしいと。で、もちろん愛する旦那様の前で着るためのものなわけですね。
普段は全身黒で体を覆い、旦那様の前ではセクシーワンピ、それってたまらないですね。
私もそれくらい見習った方がいいのかしら、透け透けレースのホルターワンピ・・。無理・・。


あ、そうここへ来てやっぱり思ったのは土地や人が生むパワーが凄い。露骨なまでの生きていることのパワーには圧倒されます。なんだろう、いい意味でも悪い意味でも生々しい。でもこれが人間が持つ本来のエネルギーなんでしょうか。生きているだけでこんなにも凄いエネルギーを人は出すことができるはずなんだ。

生きることが当たり前で自殺の多い日本と、ここはどちらが恵まれているのか、どちらが幸せなのか、さっぱり分かりません。私の物事への価値観は日本の社会規範の中での尺度で作りあげられたもの。それが正しいとか間違ってるとか、そういうことじゃなくて、それが文化なだけ。
改めて、やっぱり色んなもの見てみたいとぽ~っと思ったわけです。
日本の未来は果たして・・。私の未来は果たして・・。

それにしても私の体の成分の8割は愛で2割は優しさにならないものかしら。

そして、こんな文章をキーボードで打ちながら、
開発っていうのは何だろうとぼんやり考えました。

せんろ

唯一の線路、エチオピアに通じてます。野菜とか運ばれてくる。週に1回か2回。
スポンサーサイト

Comment

No title

v-47>私の物事への価値観は日本の社会規範の中での尺度で作りあげられたもの。それが正しいとか間違ってるとか、そういうことじゃなくて、それが文化なだけ。

これはおれも普段から思ってたことで、すごい共感・・・
世界各地で起こってる戦争や、暴動。それに国外のものが乗り込んで、制裁・支配して、自分たちが思ってる「正義」のもと地元の文化を型にはめるやり方は、どうなのか・・・・・・
答えってあるのかな。。。

Mikaとはやっぱりどこか似たような考え方があるみたいだi-266

お腹はほんとにクーラーだけが原因なのかな?
食事気をつけてv-42

ヨコハマシチ~

このジレンマはなかなかどうすることもできないね。うん。
おなかは多分クーラーと天井の扇風機のせいだと思う!
食事は今のところは大丈夫やけど、いつか大当たりしそう。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。