スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブチのお台場

へ、行ってきました。
そこはジブチのデートスポットで、ジブチギャルはそこのディスカウントショップで買い物嗜んでいるという噂を聞いたからです。

率直に。

超期待に胸を膨らませてしまっていた私が愚かでした。

えっと、近所のシマヤ(ローカルホームセンター)は最高の品揃えだったんだと改めて思いました。

ジブチは首都でもやっぱり何もないところなんだと、改めて実感した次第であります。

お台場3



パンツ一着買おうと思ったけど試着室もないし、
その場で着るという荒技まで会得してしまった次第でもあります。




お台場2


お台場


んで、15日、明日からホームステイです。
2週間。
その後、ようやく配属先の地方はジキル市。
首都でこんな感じやと地方には本当になんにもないんやろうな~。
でもここ首都は排気ガスとか砂埃がひどい。あと人がうじゃうじゃ。

日々の暮らしに空気清浄機が欠かせなかった私にとってはちょっぴりここの空気は苦痛。
毎日シャワーしたら、泡が砂埃のせいで茶色です。
こんな私でも抱きしめてくれますか?

まぁ、ですから何もない地方は空気もこんなに汚れてはいないだろう、それはそれで楽しみなわけです。
そもそも本来、人間そんなにたくさんの物は必要でないと思うのです。

あ、でも私が行くジキル市はアパートとか全くなくて、一度に3人の派遣なので住むところがなく、異例の一軒家に3人暮らしです。しかも男子も含めて。
半年後に新規隊員の男子が一人来たら4人暮らしです。これは悪い夢ですか、ビバリーヒルズ白書ですか。

一人暮らしのときは、主に裸族として生活し、基本下着もつけない人間なのに。これは悪い夢ですか。ビバリーヒルズ白書ですか。あすなろ白書ですか。
これってどうなんでしょうか。気ままに生活できるのかしら、どうなるのかしら・・。
スポンサーサイト

Comment

ここにも・・・。

うはっ、ここにも裸族が(笑)。
たまたまなのか、絶対数が意外に多いのか・・・。
陽光と自然の風が好きな俺の場合、スッポンポンはちと無理だな(苦笑)。

でも元気そうで安心しましたよ♪

つかかささん

はい、裸族の割合は絶対多いと思います。
それが2年間抑圧されるとなるとなかなかのストレスとなりそうです。笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。