スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ça y est !!

12:12:2


先日、母からの救援物資でファスナーをお願いしておいたものが届いたので、
ずっと途中だったカギ編みのポーチを仕上げました。

なかなかかわいらしい出来です。


裏地もちゃんと縫いつけました。

12:12:1



あんまり嬉しかったのでアブディライに、「これ私が作ったんだよ。」と言うと、

「うそだ!絶対うそだ!ありえない!」と全否定されてしまいました。

「本当だって!信じてよ!」

とアブディライからの信用は今のところ0のようです。


編み物とか物を作っているときは無心になれて良い。
そして何もなかったところに、ひとつの物が出来上がり存在することがとても感動します。
頭の中でイメージした物が実際に現れる、すごくないですか?

物作りの職人さんはどういう気持ちで仕事をしているんでしょうか、こんな感じの感動を覚える人もいるのでしょうか。

もっともっと上手に作りたい。
人にプレゼントできるくらい。
回数重ねて、丁寧に、そして愛情を込めて、ですね。

ジブチに来る前に、

海外、ましてやアフリカへ行くことに「すごいね。」と度々言われました。

唯一自分がすごかったな~と思うのは、稲妻師長さんに仕事を「辞める。」と言えたことだけです。
しかも、「辞める。」とは言えず、「仕事を続ける予定は未定です。」と逆にそっちを言える方がすごいよという言い方をしてしまったことです。

自分がどこにいるか、場所はそう関係ないと思います。
どこでも、自分がどう考えてどう行動するかが大事なことで。

何をするかが重要ではなくて、情熱を持っているか持っていないか。

海外に行ったから、すごいわけじゃない。経験値が高いわけじゃない。
同じ場所に生涯生きた人でも、広く世界をみれる人とそうじゃない人がいるわけで、どれだけ海外を渡り歩いても狭い世界しかみれない人もいればそうじゃない人もいる。


日本にいること、地方にいること、海外にいること。

どれもデメリットもメリットもあります。
そしてどれらも否定せずデメリットメリットがあることに気づき、
それを考えられたら、体はどこにあってもいい。そう思います。

結局は自分が何をしたいか、何を重要とするか。
これが正しい、なんてことはないと思います。
見たいものがあれば見ればいい。

私からしたらママたちの方がよっぽどすごくて尊敬するし、同じ女性として別のステージに立っていると思う。
私にはまだ未知の世界。

よっぽど3人目を最近出産した、かずなちゃんは大したママだ。大した人だ。そして子供が良い子だ。

今日は何が言いたいのでしょうか。
あくまでも私の考えなので、もちろんこれが正しいわけではもちろんないので気にしないでください。
きっと何かを発散しているのでしょう。
自分に言い聞かせているわけです。

もう少し。


仕事に優劣はありません。
世界の恵まれない子供のために働いているから偉いわけじゃありません。
世界の恵まれない子供のために働いていないことに罪悪感を抱く必要もありません。
だってこの世の中は美しくもあり狂っているから。(こんな世の中ポイズン)

政治家だから偉いわけじゃないし、命を救う仕事が偉いわけでもありません。
(でも命を救う仕事は精神的にも大変なことを知っているので医療従事者には敬意を表します)

どんな仕事にでも、目的を持って情熱を注いでいれば誇らしくて偉い。

家族のために働く父親は私の誇りであり、子供のために無限に広がる愛情を注げる母親も私の誇りであります。

両親は私を日々心配しています。

しかし場所が変わったところで、人間そう簡単に死ぬことはできません。

大丈夫よ、みゆきさん。あなたの娘は図太くて逞しい。


というわけで、私は今日もフランスパンをもりもり食べながら元気に生きています。
スポンサーサイト

Comment

No title

 全面的に賛成。
どこにいるよりかどう生きるか、だよね。
ワタシも今は、今いるグアテでがんばる。
(近況:ダニにかまれまくって大変です。スペイン語と現地語にも涙です。
でもみんな優しくていいところ。1月からはジャムお菓子編物刺繍を教える
仕事が始まります。)
 お互いに元気でいい2年間になりますように!

じゃみらさんっ

わ~~~お久しぶりです、グアテはどんなところですか??
きっと空気も澄んでキレイなんだろうな~~。
グアテの現地語、想像つかないですね・・。でもスペイン語話せたら素敵!スペインに行ける!南米わりと制覇できる!
ジャムにお菓子、編み物、私が習いたいです。
じゃみらさんも、体は大事に。Bonne chance!!

No title

 ワタシのいる村は北緯15度しかし標高2300mで朝晩はすごく寒いです。
いまは乾季なので昼間は天気がいいと空がびっくりするくらい青いですよ。
これから1月2月ともっと寒くなると聞かされてるけど暖房設備まったくなしの我が家。(号泣)
台所のカマドで、ホストマザーのそばをうろついて暖を取る哀れな下宿人生活です。
現地語はまだあいさつ程度だけど、それだけでも喋るとバカ受けするので
いい気になってます。
 お互いにpoco a pocoでいこうね~。ブログこれからも楽しみにしてます♪

No title

どう生きるかが大切。
僕もそう思うよ。
「海外に行ったからすごいわけじゃない」というけど、海外に行くことを決断したことは、やっぱりすごいことだと思う。
日本ではできない経験もしているはずだしね~
うまく言えないけどそんな感じ☆
ブログのアップが楽しみです。

じゃみらさん

超寒そうですね・・。でも空が青いの素敵。見てみたいな~。いいな~南米。でも寒いのはつらいなぁ・・。
ポコアポコって芸人いませんでしたっけ?
ちょっとずつという意味でしょうか、ありがとうございます。
こちらこそ、日記の更新楽しみにしてますね♪

カタツムリ君。

ありがとうございます。稲妻師長に辞めると言うときの緊張感は心カテでの急変時と同じくらいのものがありました。
私は先輩方を尊敬します。多分今もう同じ仕事はできないと思いますもん。
こちらこそ、相変わらずかわいい素敵な奥さんブログ覗かせてもらってます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。