スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マコと私。

12:11


いつものように5時にコーランで目覚める。

(あ~~~~ヤギもうるせ~な~~)


今日は最高潮に眠い目をこすりながら、いつものようにぼーっとフランスパンをかじり、エチオピアコーヒーをすする。

スタバのコーヒーの方が香りも味も丁寧だと思う。
おいしいけどね。

さて私の活動ですが今考えていることは、

・妊産婦に対する母乳マッサージ
・離乳食や、乳幼児のためのお母さんに対する食事指導
・運動療法のすすめ
・病院食のメニュー改善
・HIV/AIDS啓発
・子供に対する衛生教育
・母親に対する子供の発熱時や下痢時の対応の指導

などです。

HIV/AIDS啓発が私の要請のメインのようですが、病院に担当の人間がそもそもいないのに結構難しい話です。だって、2年後継続していく現地スタッフがいないんじゃ・・。

なので、アブディライを無理矢理巻き込んで、お母さんに対する子供の食事の指導や子供の病気時への対応の指導をメインでしてみたい気もしています。

が、今のところHIV/AIDS啓発メインで動いています。
ま、ちょっとずつ順番に。

写真の女の子は、一番仲良しの同僚の子供です。
ミスキ。お父さんはアラブ系です。

一番仲良しの同僚のマコは本当に優しくて良くしてくれます。
薬を届けてくれたのも彼女で、私の仕事の相談にのってくれて的確なアドバイスをくれます。
マコは事務の仕事をしています。
そして彼女もアブディライと同様に、私のフランス語をすごく汲み取ってくれます。
もはや魔法だと思います。私には数人だけ分かる翻訳こんにゃくの機能が元々備わっているのかもしれません。

今日も、今から食事作るの大変でしょ?家で食べなさいよ。と食事に誘ってくれました。
マコはよく食事に招いてくれます。
なので、今度お礼にティラミスを作って持って行こうと思います。
昨日首都でマスカルポーネチーズを入手したところです。へへ。

そして、マコが「今週の休みにエチオピア国境近くの地方の病院に行くから(どうも親戚みたい)その時一緒に来たら?彼はSIDA(AIDS)の研修もよく行ってSIDAの啓発をしていて資料もたくさん持っているから見せてもらったらいいよ、それを使ってミカも学校で教えたらいい。」

と誘ってくれました。

優しすぎる。

最近、ここの人たちにどうやってこの感謝の気持ちを伝えたらいいのだろうと考えます。
フランス語ではなかなか伝えられない。もどかしい。
なので、とりあえずティラミス作ります。

次はラーメン食べてもらいます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。