スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールサイドでパーティー

pissi.jpg

こちらでは週休1日、金曜が休みです。
12月9日は毎年、事務所が主催でソワレというイベントを催しているということで参加してきました。

首都に行くのもバスで待ち時間など含めると5時間かかるので、楽ではありません。
とんぼ帰りだったので、ちょっと疲れました。

さて、ジブチで2番目の高級ホテルが会場でした。
プールがありました。でも、やっぱりここはジブチでした。
でも飲み物の値段が半端なかった。フランス軍の人がたくさんいた。日常生活でここを利用しているようです。
お金持ってます。


そして、私は地方の人間なので、ゲストは首都の現地人がほとんどで知り合いがおらず、あやちゃんとこっそり食べ物をつまんでいました。

でも日本大使やアメリカ大使などのVIPがお目見え。

にも関わらず、むしゃむしゃ食べていたら事務所スタッフにやんわり注意されました。
だって地方でおいしもの食べられないから楽しみだったんだもの・・。
お酒も売ってないから飲めないし・・。

そしてそんなVIPが集まるだけあって私たちはまたも、テレビ出演と新聞デビューも果たしました。
ここにいる間に何回テレビに出演するだろうか。


で、私が自分の人生で生涯踊ることはないと思っていたジャンルであるソーラン節を披露し(隊員みんなで祭りをするときに半被きて踊るのです。練習したのです。)、フィナーレ。


しかし、まともに食べられず、ここへ来た唯一の食事という楽しみも果たされることなく、私とあやちゃんのフラストレーションはマックスです。

他の隊員がまだいて、彼らは中華料理屋に打ち上げに行くだろうにも関わらず、私とあやちゃんは大急ぎで帰り、インドネシア人が経営する日本食料理を食べに行くことに。


1ヶ月の食費が日本円で約5000円だった私たち。
肉も魚も(魚はまったくない)ほとんど食べず、いつも同じ野菜を種類少ない調味料で似たようなものばかり食べる生活で、贅沢とはほど遠い食生活をしていました。

なので、まずメニューの値段を見て驚きました。ここに一回きておなか一杯食べて飲むだけで私たちの一ヶ月の食費と同じじゃないか!

首都隊員はそりゃ使うわな~お金。

そして日本円で約1200円の天ぷら蕎麦と約900円くらいの太巻きを注文。

蕎麦はちゃんと茹でられてないし、天ぷらっていうか唐揚げみたい。
太巻きはお粥みたいなお米。
あやちゃんの頼んだとんかつ、激うま。豚肉ってこんなにおいしかったっけ・・。

と、もう興奮しすぎて本当に涙が出るかと思いました。



soba.jpg




おいしいです。
固い蕎麦も唐揚げ天ぷらも、お粥太巻きも、とんかつも。
おいしかった、本当においしかった。幸せでした。
本当に幸せでした。
本っ当においしかった。

日本に帰ったときはきっと涙どころではない気がします。


あやちゃんと、首都にあがったときくらい贅沢しようね。
と、毎回ここに来たいねとおなか一杯なりながら話しました。
スポンサーサイト

Comment

帰ってきたら

何でもごちそういたしますぞ!
今は何が食べたいですか?

カタ輩先

ひゃっほ~~~~~い!!

今は梅おにぎりとナメコ汁と茄子の浅漬けが食べたいです!!!!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。