スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きています、私。

P1000178.jpg

ジブチ到着日記が随分遅れてしまいました。
何を隠そう事務所の宿泊施設のダイアルアップのインターネット、つなげると世界とつながるどころか、知らないジブチ人の家につながります。
「かけてくんじゃねぇっ!」ってお怒りの電話が逆にかかってきた次第です。
さすがアフリカは東のジブチ。

気を取り直して、到着からのダイジェストをお送りします。

出発の前日は、東京メンバーで集まりました。そこで私は自分が犯したミスを指摘されます。東京メンバーの皆さんに多大な心配をかけた私は案の定なにかやらかしました。荷物の重量オーバーです。オーバーしたら確か+5キロにつき4万円かかるらしいです。破産です。
いざ翌日、空港で荷物の重量チェック。なんと6キロオーバー。スーツケースに入れようと持ってきた手荷物のリュックは14キロ。手荷物は7キロまで。てことは重量は計13キロオーバー、約12万円分。完全に無理です。空港で段ボールに荷物を放り投げてEMSで別送。手荷物も7キロ、預ける荷物も40キロ以内におさまりました。なんとかなりました。まぁちなみに一生懸命7キロにしたけどどの空港でも一度たりとも重さは量られることはなく、どう見ても7キロオーバーやろって荷物を持った輩がゴロゴロいました。
しかしながら本当適当すぎる自分に嫌悪感さえ湧いてくる始末。どうもありがとうございました。いつも皆さんに助けていただいて私はここまで生きてくることができました。そしてこれからもよろしくお願いします。

そしてEMSも無事ぼっこぼこになりながらも到着。
手芸用品と本ばっかり。

荷物


9/28 到着。長かった。約24時間。おしりがどうにかなるかと思った。エチオピア行きの飛行機から既に雰囲気はアフリカ。客室乗務員のツンデレからデレを取った対応。ありがとうございます。転がっているブドウの実を拾うどころか蹴っ飛ばしてました。そもそも取ってあるはずの席に荷物置いてあって座れなくて、席がないって言ったら空いてるとこどこでも座ればいいわよって対応でしたし。
ジブチは一番暑い時期が終わったそうで、降りた途端にレンズは曇りましたが思ったより暑くない。そして首都のジブチ市は思っていたよりもずっと都会でした。水は海水と混ぜているみたいで噂通り塩っぽいです。髪がバサバサになるのは必須のようです。
やれオリエンテーションを終え、夜は先輩隊員の方と遅めの昼食。中華料理店へ。夜はBBQです。おなかがいっぱいになるまで食べました。
先輩隊員は個性豊かで皆さんとても気さくで感じの良い方々でした。

9/29 本日もオリエンテーション。それが終わると昼は近くのお店でサンドイッチ。野菜があまりなく、値段もトマト4つくらいで500円。日本のスーパーなら298円のところ。しかも超小ぶり。なので、サンドイッチの中身はポテトです。ちなみにフランスパンだけなら一本約20円です。あぁ・・私太りそうよ・・。
夜は外国人向けのスーパーを案内してもらって買い出しへ。化粧落とし用のオリーブオイルは約600円で入手。チーズや米、トマト缶、バターなど購入。外国人向け(主にフランス人)のスーパーだけあって値段もそこそこするし、無駄にお洒落な物がたくさん置いてありました。優雅ですね。
夜はカレーを作ってみんなで食べました。カレー作りには余念のない私ですが、なぜか不思議な味になりました。カレーはちゃんと玉葱をじっくり炒めて作りたいものです。夜はとっても寝付きが良いです。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。