スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソマリ語と私。

Nabadey!!
Ma nabad baa? Subax wanaagsan.
Mika halkan ma galaa? Haa,DJIBOUTI!!
Haye saxiib waad mahd santay!
Nabad gelyo,Salamaa.


星



というわけで、日曜からソマリ語教室が始まりました。
これがまた、未知です。
なんか、「ラリアホゥッ」で「Excusez-moi」の意味らしいのですが、まるで「ドラクエ」の「ラリホー」を唱えたかのようで、言葉が全部魔法みたいに聞こえてきます。

ソマリ語は、ソマリアの言葉を元にアラビア語や英語やフランス語などが混じった言葉らしいです。
でもって、ソマリアからは話し言葉だけが入ってきたそうで、基本的に書き言葉はないので字は当て字だったりするそうです。なので、地元の人でも書けなかったりするそうです。

でもって、先生の教え方が残念な感じです。一言でいうと、「下手」です。

文章の構成の意味とか全く教えてもらえません。
基本的なことを教えてもらえてないのに文章を読み上げるのみ。上達する気配がありません。
二日目ですが、まだ名前の名乗り方を知りません。なので今日はこっちから積極的に知りたいことを聞いて教えてもらいました。明日は自己紹介を教えてくださいと言うつもりです。

こちらから言わないと、正直まったく使わないような文章をその単語の意味も教えてもらえないまま、ひたすら読んでいくだけになってしまうのです。きっと、教師の教え方のレベルってこんな感じが一般的なのかも。
だとしたら、とても効率が悪い。


先生は歌が上手でとても気さくな女性です。
でもなぜか、私だけ発音すると彼女の笑いのツボを刺激してしまい、彼女は爆笑します。そんなに私の発音おかしいですか?

ソマリ語授業は毎日4時間の計5日間しかありません、あと2日しかないので、がっつり質問していきたいと思います。

ソマリ語、発音がおもしろいので、ついつい楽しくなってきて調子に乗って喋ってしまいます。
でもどうしてもできない発音があって、以前アラビア語を教えてくれた少年にどうしても違うといわれた発音。

あれです。
同じ発音の仕方みたいなんですけど、フランス語のRの発音に似ているんですけど、あれは喉で発音して、その発音は喉より下で発音するんだって言います。
まったく分かりません。

ソマリ語は4つ、発音の仕方があって、舌、口、喉、喉の下の方を使うんだって先生が言ってました。
単調な発音しかない日本語、日本人にとってはやっぱり難しいのではないでしょうか。

逆に日本語はそういったたくさんの器官を使って発音する国の人からすると、割と話すだけなら簡単なのかもしれません。
日本語は書き言葉が難しいですけどね。


ラリアホゥッ!

明日は、みんなで実践ソマリ語、市場へ出かけるそうです。
どうなることやら楽しみです。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。