スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘナアート、もどき。

先日は、うちのマモンがセッティングをしてくれて、ヘンナアートをしてもらうことになりました。

結婚式とか出産とかお祝い事があるときに、手や足などに模様を描くというものです。
インドやエジプトなど広く同じようなヘナアートが古い歴史を持って存在するようです。
もちろん、その意味や模様などは異なるようです。

まず、こういった粉を水で溶きます。

へんな粉


そしたらこのような液状になります。

へんなクリーむ


たくさんの模様のパンフレットから好きな模様を選びます。
ソマリの若い女の子が、ささっと手早く描いていってくれました。
ちょっとくすぐったいです。


へんな途中


大体1時間ちょっとで完了です。
それから、一度石けんでキレイに洗い流します。
すると、このように。


へんな足



てヘンナ

首もとにもしてもらいました。


首もとヘンナ


で、その後、そのソマリのお姉さんに、
「これヘンナでしょ?」って聞くと、

「え、違うよ。」

って言われて、その粉を見せてもらうと、

「白髪染め」
「日本製」

って書いてありました。

なんともいたたまれない気持ちになりました。

この4000年ほどの歴史をもつといわれるヘンナアート。

それを日本製の白髪染めで・・。

これはヘナじゃなかったんかい。マモンめ。

なので、肌には良くないようです。
するなら、ヘナでしたいです。
んで、なんか自分でも描けそうな気がしたので、ノートにデザインを考えながら描いていたら、


なんと、才能を開花させたようです。
なんかそれっぽくなりました。

2年の間にこれもまた腕を磨いてみたいと思います。
日本でもこれで商売している人がいるみたいです。

自分で自分の描けたら嬉しいわけです。


へんなでっさん
スポンサーサイト

Comment

No title

綺麗綺麗!

せおさん

あざす!

わぁ~綺麗!

素敵だね( ´ ▽ ` )ノ

ハワイでワンポイントへなをしてもらったことあるけど、大胆に描いた方が素敵だね~

ぜひ
日本で白髪染めでして。笑

あいぽのむ先輩

ぽのむ先輩、ハワイでもへナあるんですね~、世界中だ。

肌に悪い白髪染めでさせてもらっていいのでしょうか、へナを輸入してでもへナでさせてもらいます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。