スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.6.27ジブチ独立記念日

P1040811.jpg



さて6月27日はジブチが1977年にフランスから独立した日です。

マコんちの旦那のマギーは軍人さんです。
数日前から「ミカ、27日はパレードをするからカメラ持って6:30に必ず来るんだ。」と何度も念を押されていたのでした。


なんでまた朝の6:30からなんだ・・。と心から早いと思いますが、9時くらいには超暑くなってきてしまうので致し方ないと思います。

30分遅刻して到着。
あやちゃんは寝坊で結局不参加、私と原田くんは日本人記者のごとく写真撮りまくっていました。






P1040769.jpg



私はというと、戦車に興奮を覚え連写。
武器なんてこの世から消えてしまえばいいと思っているけど、なんていうか・・。

浪漫ですよね。

かっこいい。
でも実際この戦車の恐ろしさを身にしみて知っていたら、きっと「かっこいい」なんて絶対に思えないのでしょう。
それにしてもこのタイプ、実際の戦争の際には隙だらけの感じですよね?


P1040773.jpg




朝にも関わらずたくさんの子ども達が行進を観にやってきておりました。
私も初めての経験に終始うきうき。




P1040744.jpg P1040823.jpg



「ラクダは車が通られないような道を食糧や物資を配給するための大切な手段だったんだよ。」
とマギーが教えてくれました。

ラクダさん、ありがとう。
きみたちは本当にかわいい目をしているね。



P1040724.jpg


歴史って本当おもしろい。
日本がもしアメリカと戦争していなかったら、植民地になっていたかもしれない。
でも日本は負けると分かっていながら戦争をして、実質アメリカに手引きされて植民地になっていたようなもの。

結果同じようなことになるなら、やっぱり戦争はしなくてもよかったのにな~と思います。
そして日本がここまで経済発展できたのも、アメリカの協力があったからこそ。日本人だけの力ではない。
戦後は技術面、ソフト面、物資、教育、医療、たくさんの援助をアメリカから受けてきた。
確かに戦後の人たちが到底想像のつかないくらい働いて、倹約してって努力があったのでしょうが、日本だけで戦後の日本を復興させて経済大国に一気にのし上がることはできなかった。


でも経済発展国であり続ける必要は果たしてあるのかな、とそもそも思います。
豊かになればなるほど、贅沢を知れば知るほどそれが手放せなくなる。だったら最初からそうじゃなければある程度貧しい生活が当たり前であれば苦痛はそんな感じないと思う。

人間は生まれた環境を受け入れる強さと愚かさ両方を持っているはずだから。


アフリカは植民地化されて国境を線で引かれて、自ら経済発展させる力を先進国によって奪われた。
でも植民地化されたことによって、英語やフランス語、学ぶ機会そのものも設けた。
おかげで海外で仕事を得られる人だって多い。

いいこともあれば、悪いこともあるんですよね。
援助を受けていた方が楽、転がされるフリをしていた方が楽、になっちゃうってこともありますよね。
なんか複雑だな~、いろんなことが。

またなま言ってすみませんでした、たわ言です。

知らないことは罪、精進します。


それでもジブチ人、ジブチという国に愛国心を持ち誇りを持っている。

ジブチの国旗の標語は「統一・平等・平和」です。


今日は祝すべき日なのです。

理想論なことは承知ですが、もう何千年かけても武力で支配し合う世界がいつかなくなることを祈ります。
人類が消滅しちゃってるかもしれないけど、ね。


というわけで独立記念日にちなんでお国について考えてみました。
スポンサーサイト

Comment

No title

おぉ~カッコイイ、不謹慎だけど、萌えです。ジブチは私の心をくすぐる要素が沢山あるような気がする。。。でもやっぱり暑そう。

りょぴちゃん

かっこいいよね~、萌です!
ちなみにそんな死ぬほど暑くないよ、日本の夏の方が暑い!!夜は暑くて眠れないけどね・・
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。