スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえも~ん!出来杉くんの脳みそを頂戴!

今日覚えたフランス語の単語は「âme」です。
意味は魂。宗教の話してるときに出てきたので覚えました。

そろそろ私もジブチへ来て半年が経とうとしています。

が、未だに活動の方向性も決まらないまんま。
なので、近日中に院長と話し合わなきゃなーと思います。

ファーラをカウンターパートにつけてもらって、ナースの技術・知識向上のための仕事をするか。
アブディライと組んで、地方をまわりながら母親への栄養指導をする仕事をするか。

そして、さておき今日は久しぶりに机に向かってフランス語の勉強しました。
言い訳をすると、机に座ると蚊に刺されまくって体中が全力でチャクラを解放し殺気立ってくるので集中できないんです。なのでいつもベッド学習の後、睡眠学習というお決まりコースでした。

で、結果。
今日はフランス語に絶望しました。

ねぇ、フランス語難しすぎません?
言語ってなに?私なんで日本語こんな喋れるようなったん?
文法とかもう本当嫌。こわい。いや。もうこわい。
なんでこんな複雑なん?なんなん?
こんなにたくさん覚えれん。無理。こわい。

私は頭を使えないんだ!!!全て感覚と経験で生きてきたんだ!!!!!だ!!!!!

本当私の脳みそ腐ってるんじゃないかとさえ思えてきます。

自分の脳みそでは限界が見えた気がして、でも限界を見たくないので勉強すれば大丈夫と言い聞かせながら夏のフランス旅行に現実逃避しました。


20080607cotedaju-ru.jpg


見てくださいこの風景を。
私の腐った脳みそまでも癒しで溶かしてくれそうです。そしたらもう無ですね。

南仏を拠点に12日間ほど滞在の予定です。
パリに3泊ほど、残りはニースを拠点にする感じになりそうです。


deluxe_room.jpg


こちらは5つ星ホテルだそうです。
つのだ★ひろさんの★の数をゆうに超えます。
しかしこんなホテルには滅相も泊まれません。滅相もない。

フランスでの食い道楽と雑貨屋巡りに市場巡りが一番楽しみです。

うふ。




スポンサーサイト

He is sweet.

最近の欲求は「本が読みたい」です。もちろん日本語の。
日本にいた頃の休日は、雑貨屋巡りか本屋で時間を過ごしていた私。
改めて、本が好きなことを実感。実はこの本が読めないことが一番さみしいことかもしれません、私にとって。
なぜなら、一番の気分転換方法だから。

最近観た映画、ちょっこり紹介。

「ANGEL・A」

ANGELA_1wall_convert_20090408221337.jpg

こちらリュックベッソン監督でフランス語だったので、特に内容気にせず購入。
酷評が多いようですが、個人的には好きです。
モノクロの世界観もこの映画には合ってると思う。
映画の主人公の男性はモロッコ人で実際には「片腕のコメディアン」としてフランスで活躍しておられるらしいです。ちなみにアメリにも出演していました。
ヒロインは、スーパーモデルだとかでスタイル抜群で超美人です。
アブが「彼女美人だ。」とか言うから妬きました。「モデルだからね。」(ふんっ)と返しました。


angela_3.jpg





お次はこちら。
「食べて祈って恋をして」

o0400059310762937966.jpg


これはあらすじを見て、「イタリアでの食い道楽」という言葉に惹かれてレンタルしました。
ちゃんと見ずにレンタルしたので、見てから主人公がジュリアロバーツであると知りました。
彼女も年を重ねたなぁと思いましたがあの笑顔はキュートすぎる。
エリザベスギルバートさんという作家さんの実話に基づいたお話だそうです。




image001.jpg

かわいい。ちゃんと「pray」のとこは数珠みたいなんなってる。

イタリアの美しい街並みに目が思わず輝く食事たち。
バリの情景もとても素敵でした。

映像がきれいでかわいくてお洒落で視覚でも楽しめます。
ストーリーを楽しみたいならこれは本の方がいいと思って本も購入しました。
手元に届くまでまだ先ですが。

主人公の心理描写は映画じゃ限界がありますもんね。
個人的には同年代の女子におすすめできる映画です。

「愛してたのよ。」
「想い続けて。」
「私を想うときは愛と光を私に届けて。そして忘れて。悲しみ消えるわ。すべて消える。」
「愛のために調和を失うことは調和のある生き方の一部なんだよ。」
「旅の全てを手がかりと考え出会うすべての人を先生と考えるのだ。そして自分と向き合い自分自身で難点と思う部分を許せば真実が見えてくる。」


ってロバーツさんが言ってました。

アジアの街並みは素敵。あの湿った透明感のある空気が好きです。
そのうちまた東南アジア行きたいな。
バリは中学校のときから絶対行くと思い続けて未だ行けていませんが、タイミングが来れば行けるのでしょう。

これまで「やりたい、見たい」と感じたことは行動している私。
そんな私を母は「幸せだ。」と言いました。
30代になる自分がどうなっているか、あまりに想像つかなすぎて不安も通り越して実はとても楽しみです。

空っぽにすればその分容量が増える。
捨ててしまったらその分新しいものが入ってくる。
この捨てるっていう行為は一度手にしたものであれば、なかなか困難だと思います。
でも詰め込むだけじゃ限界がある、それに捕らわれすぎていることもある。
とらわれすぎない、自分を軽くする。実はとっても大事なことだと思います。肩の力を抜くこと。

201102091121178e1.jpg


こっちの人が驚く私によく言う一言。
「アフリカでは何だって起こりうる、なんだって可能なんだ。それがアフリカ。」
もちろん皮肉なんだけど、みんな誇らしげに言うんです。

さて今日の休日ものんびりできました。
本があったら最高なんですけどね。
本とおいしいコーヒー。

それでは明日からまた一週間、笑顔で過ごしたいと思います。
私が私の一番好きなところは「笑いの閾値が低いこと。」です。

うちのスタッフ日本へ!?

朝、出勤時にいつもとは違う光景が私の目に飛び込んできました。

病院の前の露店コーヒー屋の前に、アブの後ろ姿が!!!!!!!

あまりに久しぶりすぎて、心臓がどきどきし始めました。
冷静に「アッサラームアレイクム。」と皆に挨拶。

するとみんなが、「あっ!!ミカ!ほら、これ誰?」とか言ってます。
あんまり恥ずかしくて、しっかり顔も見れず「知らない、長いこと見てなかったから忘れちゃったよ。」
と憎まれ口を叩いてしまいました。

後で、アブにはしっかり
「どこ行ってたの?何も言わずに急に長いこといなくなるなんてひどいよ。」と当たり散らしました。
でも感極まって興奮しすぎて、まったくフランス語が出てきませんでした。


「まずはミカ、元気にしてた?壁画超きれいじゃん。そしてね違う、仕事から帰ったらその日に急に首都に来いってボスから言われたんだよ。で首都に行ったらオボック(私行ったことない地方でしかも遠い)に行くよう言われてオボックで調査の仕事してたんだよ。俺もびっくりしたんだって急すぎて。」
とのこと。
それなら致し方ない。


あまりにアブ充電が切れてここ2日アブが夢にまで出てきていました。
恐るべしアブ。
そんなアブは今日猫に本気でキレていました。まだまだお子様ですね。



というわけで、ラクダのお父さんの経過は良好です。
そして、ジブチのデモのニュースがちらりと日本のメディアでも報道されたみたいです。
今のところは、首都の近郊で数千人のデモが3日間ありました。今のところ死者は4名。
野党代表2名が逮捕されたとのことです。今週にもデモが開かれる予定です。
4月に大統領選挙があるので、それまでは今後どうなるかまったく予想はできません。

こんな飛び火するなんて思ってもみませんでしたからね。
地方のジキル、こちらは平和そのものです。


先日初めて見ました。
テレビでみていた、でっかいお腹に細い体。
栄養失調のこども。
本当にはち切れそうなくらい、ぱんぱん。
呼吸が浅く速く、レントゲン写真は肺を随分圧迫しています。


malnoterition.jpg


病院には来れるはずなのに、なぜここまで放置するのだろう?
気づかないわけがないのに。
謎だ。これは知識・認識不足のため?
アブに聞いてみよう。


そして、今日は私を絶叫させるニュースがうちのディレクターから。

「かほさーん、今度ねパートナー研修っていってね、かほさんの仕事のパートナーが日本で研修受けられるんだ。実は前にも話はあったんだけどかほさんパートナーいないみたいだったから見合わせたのね。」

とのこと。

「えーーーーーーーー!!!!!!!」と絶叫した私にファーラとアブはびっくりしていました。
うちのスタッフが、に・に・・にっぽんに・・・・!?

うーーーーーん。レアキャラのオバカーが日本研修????
ていうか私のパートナーって誰だ??


うーーーーーーん。
なんか納得いかん。

今後もHIV/AIDSの活動が彼と一緒にできるとは思えない。

それよりモチベーションの高い、看護師のファーラか栄養療法士のアブディライあたりに行ってもらいたい。
そして、そのパートナー研修を受けたところで、今後も私の仕事が変わるとは思えない。
それなら行ってもらいたい人にこの切符を渡したい。

迷いますね。

看護の質。

先週、壁画終了しました。
正直なんのアートセンスも絵の上手さも問われない、ただ正確性だけが問われるという仕事でした。
ただ、私の最大の武器は時間でしたので丁寧に仕事することができました。



cmhd.jpg







cmhd2.jpg


そしてすっかり住民から「絵描きのミカ」として名を馳せてしまったようです。


さて。



今日は憤りを通り越して怒りさえ覚えました。

実のところ、私が実際にJOCVとして合格したのは「看護師」ではなく「村落開発普及員」です。

要請内容は「HIV啓発と妊産婦の啓発、青少年グループの作成に外国人に対する意識改革」とやらです。

どれだけアバウト?
外国人に対する意識改革って・・・。
(それにHIV担当のオバカーは既に2週間に1回見るか見ないかのペースで完全にレアキャラ化してるし)


なので、私は海外で看護師の仕事をする資格がありません。
一切の医療行為はどれだけ「やって。」と言われても「禁止されてるからできない。」と説明して参りました。


最近、アブがいないので病棟に入り浸り病棟を見ているのですが目に余る光景が過ぎます。

・アンプルカットの仕方(絶対ガラスが薬品内に入る方法、ガラスの破片そこたらじゅうに散在)
・注射薬品のつめ方全般清潔行為が成り立っていない。
・針はその辺に放りっぱなし
・留置針のテープ固定、刺入部が露出している
・手袋しない
・感染物もアンプルも普通のゴミ箱にポイする(しかもそのゴミをヤギが食べてる)
・基本マスクしない(結核病棟もガフキーでてる人いても関係ない)
・看護記録がひどい
・処置台のマットはまったく消毒されておらず汚い
・とにかく汚い、本当に汚い

このやりたい放題散らかし放題の処置台をみると、発狂したくなります。

そして、今まで私は責任は負えないことから黙っていたとても残念なことがありました。
それは、創傷処置について。

彼らはまず、洗浄をしない。
とにかくそのままイソジンを塗ってガーゼをあてて、それで終わり。

ラクダに咬まれて下腿に大きなケガをしたお父さんがいました。
彼は1ヶ月ほど前からずっと毎日のイソジンにガーゼの処置を受けてきているそうです。
ある時、私の目の前で処置がされていました。

当然、イソジンガーゼは患部の肉芽にべったりくっついて乾燥しきっています。

(わーわーわー・・・・・。)
(まてまてまて、このまま組織も一緒にはがすのか・・。)
(でまたイソジンガーゼして・・お父さん可哀想だ・・。)

もうさすがに黙って見ていられず、「私も手伝うよ。」と申し出る。
イソジンとガーゼ以外の薬品や物品はありません。

水で濡らしながら、ゆっくりガーゼをはがしました。
幸い患部は感染はなさそうで、壊死もなく肉芽が形成されてきています。
そこで私の自宅からサランラップを持ってきて、まずはしっかりきれいに洗浄をしてからラップを当ててテープで固定しました。

みんな、イソジン信者だから私が何をやっているのか全く理解できていない。
しかし、それを説明できるだけの証拠も語学力もない。
実際の回復をみてもらって分かってもらうしかない。

なので、私が口を出すことに内心穏やかじゃないスタッフもいます。
素直なので、すぐ態度に出てしまうようです。

「こんなアジアの小娘が偉そうに何訳の分からないことをやってるんだ。」と。
もちろん直接言われたわけでもないけど、それくらい感じ取れます。

本当だったら、「私はまだあなたたちよりも経験も浅くて、知らないことだらけだけど、それでも日本の医療のいいところやこちらの医療のいいところ、それらを出し合ってお互いがより安全でより良い医療・看護を提供できるようになりたい。だから、私もたくさん教えてもらいたいし、私の知っていることも伝えたい。」と。

伝えたいですが、やっぱり語学力がありませーん。
一度嫌だけど一応師長の変態オマールに言って、他のスタッフにも分かってもらわないとな。


とりあえず、「イソジンガーゼ」の創傷処置は廃止したいものです。

ここの人たち、ケガが多いので。小さい子供も、もちろん同じ治療を受けるわけです。

その後、またひとり足ケガの処置を受けたらしいお父さんがいてその膝にはイソジンが染みこんだガーゼが。

杖をつきながら、両足エデムで歩くのも痛そうなお父さんが、にっこり私に笑いかけて挨拶してくれました。
私の憤りがやり場のない怒りに変わった瞬間でした。


そんなことは最初から分かっていたけど、日本で受けられる医療とは桁が違いすぎる。
同じ人間なのに。
同じように苦しんで、辛くて、同じように病気と闘っているのに。


ううん。

HIV啓発ももちろん大切だけれど、私はもっと違うことを改善するお手伝いがしたいと思いました。
改良の余地は呆然としてしまうくらいたくさんあります。
看護師のスキルアップ、患者さんにより安全でよりよい看護を提供できるようお手伝いがしたいです。


はっきり言おう、ここのナースは経験も能力もあるのだろうけど大事なことが欠けてる。
ナースとして大切なことが。


うん。ちょっと、模索しながらやってみます。

晩餐会

さて、本日あやちゃんが病院まで尋ねてきてくれました。
約20日ぶりくらいだったのかしら。

ちょうど、ファーラが「みか、超おなかすいたからご飯にしよ。」と誘ってくれて食事前の手洗いをしていたところ、
新しく赴任の原田君もスーツ着て病院まで顔出しにきてくれました。





217°2



4種チーズとトマトのキッシュ。
これ実は作ったの初めてだったんですが、おいしかったんですよね。
まわりちょっと焼けすぎたけど、生地はサクサク。しっかり寝かせたのが勝因かしら。
チーズは、シェーブルとフォンデュ、ミモレット、パルミジャーノレッジャーノをトッピング。
生クリームがなかったんですが、チーズも濃いし味付けもしたので全然重くなりすぎなくて逆に牛乳だけで充分でした。
仕事には生きないからパートくらいでほぼ専業主婦して料理楽しみたいな~。でも外にでたくなるのかな。



217°1




こちらはキャベツとじゃがいもヤギ挽肉煮込み。
これも和風の味付けにしたんですけど、臭いが気にならないくらい醤油とお酒、ショウガパウダーが良い感じに臭味をカバーしてくれておいしかったです。



216°1



この他にも、キャベツと豆のスープとポテトサラダ、ピラフ、そしてデザートにガトーショコラ。
皆さんおいしいと食べてくれたので、作りがいがありました。
やっぱり料理って食べてもらえてなんぼですね。はい。



そしてこちら、ベナン帰りのあやちゃんからのお土産です。
「かほちゃんぽいと思って。」と買ってきれくた布です。



217°5



完全に私のことを分かってくれているようです。
大好きこの色の組み合わせ。




217°4




あとこのクッキーも。
この感じかわいくないですか?
しかもおいしくて食べ続けていたらあやちゃんに取り上げられました。




217°3






そして今日はひょんなことからファーラと心電図の話になりました。
んで、「心臓外科の病棟で働いてたから、心電図ちょっとわかるよ。」

「え、まじ?俺知らないから教えてよ。よし、今からやろう。」

とモニターを持って病室へ。

(や、あったんやモニター。初めて使うの見たわ・・)

ここでようやく私の経験が目に物を見せる絶好の機会だと張り切る私。
いつも「みか仕事ないんだろ?」と言われている私にとっては看護師らしい仕草を見せられるチャンスです。

一応、パルスオキシメーター、血圧計、心電図モニターがついてます。

心電図の電極パッドは使い古してあって粘着力が瀕死でしたが。
そして、いざ患者さんのもとへ。

そして電極を手にした私。





「あれ・・・・。」

赤 黄 緑 

じゃない。

5つある。
なにこれ?

見たことない。


胸部誘導?
赤 黄 緑 茶 黒 紫

じゃない。

違う。

赤 白 緑 黒 茶

なにこれ。


いや・・・。





しらん。



しばらく電極を手にしたまま呆然と立ちつくす私。

でもRA、LA、RF、LF、Vと書いてあります。

これって四肢誘導じゃないの??
V?
胸部誘導だよね?
V1とかじゃないのね、V。
どこのV?

ファーラに「これ胸ようのモニター?手足じゃないの?」と聞くと「胸に貼るんだ。」とのこと。

「ファーラ、ゴメン。これ見たことないから分かんない・・。」

なんと偉そうなことばかり言ってこの程度です私なんぞ。

「気にしないで、ドクターに聞こう。呼んでくるから。」

不甲斐ない。

待ってる間、もう勘で胸部誘導っぽくつけてみると、波形でました。
それがまた、ちゃんとでました。
PQRST。

位置を変えて試してみると、P派がひっくり返ったので一応見れる波形だけどなーと思いつつ自問自答。
とそこへドクターがやってきて、モニターの付け方合ってると言いました。ほんまかいな。

レートは130台。
頻脈です。血圧は130台、SPO2も99%。
脈をとると、Afっぽい感じ。脈が取れなくなったり脈圧がばらばら。

でもモニターはまだきれいにでなくて、じーっと見てるとドクターが。

「ノーマルだね。ただの頻脈だ。問題なし。」

と言いました。

波形汚いよ?しかも脈直接とらないの?

そしてこの電極の付け方絶対違う気がするんですけど、いいの?

と思いながら診察は終了。
帰って調べてみたけど、五極誘導で検索してもあんまりヒットせず。
でもこちらがヒットしました。


5点誘導では、標準の四肢誘導と同じ関係で、I、II、III、aVR、aVL、aVFの波形が得られます。併せて白の電極を、任意の胸部誘導部位に貼付することで、一つの胸部誘導波形もモニターできます。この場合、胸部誘導部位の選択は、不整脈の観察が主目的の場合は、V1を選び、心筋虚血の判定が目的の場合には、V5ないしV6が適当です。


おい。


やっぱり四肢誘導やんか。
ドクター・・。
明日この方法でもう一度心電図とってみたいと思います。


そして、
医療界の先輩方、詳しいことをご存じの方おられたらご教授ください。
(結局人頼み)

今は日本は夜中なので、明日にでも日本にいるドクターにメールでもして聞いてみたいと思いますんでよろしくお願いしますね。

手作りガトーさんの君臨

さて、というわけで本日は明日の夕食の準備。

gâteau au chocolat


215°1



毎年バレンタインにはガトーショコラが定番になっていました。
今年も例外なく作ることになるとは思ってもみませんでした。

なので、私のガトーショコラには定評があります。
(何食べてもおいしいと評価してくれる、うちの兄談)


215°2


次は昨日から仕込んで一晩寝かせてあるキッシュの生地を焼きたいところ。
なのですが、朝からずっと断水しているので準備がはかどりません。


さて、最近フランス語がまた楽しくなってきている私です。
でも、日本語にどっぷり浸かってきた私にとっては、外国語の表現の仕方の違いが壁として立ちはだかります。

例えば、「かた腹痛いわ!」という日本語。

この意味、ニュアンスで使ってきたので意味を説明しろと言われてもちょっと悩んでしまった私。
いや、別に説明しろなんて誰にも言われてないんですけどね。

そもそもこの日本語は人生の中でそう使う表現ではありません。

うーん。
なんだろ。
というわけで辞書で調べると、

〔補説〕 中世以降、文語形容詞「傍(かたはら)いたし」の「かたはら」を「片腹」と誤ってできた語
身のほどを知らない相手の態度がおかしくてたまらない。ちゃんちゃらおかしい。笑止千万だ。



とのことです。
そもそも傍を片腹に間違っちゃった時点でもう完全に言葉とその意味がすれ違っちゃっているじゃありませんか。
こんなのフランス語で「片腹が痛い。」なんて直訳したって、普通に「大丈夫?」って心配されるだけです。

それじゃあ、この片腹痛い様子をフランス語ではどうやって表現すればいいのでしょうか。
ちゃんちゃら可笑しいって表現も冷静に考えたらおもしろいですよね。
謎は深まるばかりです。

まぁこの場合は「滑稽なことを言う」というフランス語を使うのが無難なのでしょうか。
でもなにかしっくりきませんね。

そう、ここに日本語と外国語の落とし穴の極端な例が実証されたわけです。


というわけなんですよ。

なので、フランス語を話すときに日本語を訳して話すと、日本語の表現で伝わらないことがしばしばあるわけです。
逆に、フランス語を頭の中で日本語で訳すと、その表現が私には分からず理解できなかったり。


これは私のような頭でっかちな日本人外国語学習者方ならきっとぶち当たる壁だと思うのですがどうでしょう。
頭でっかちじゃなくても少なからず、思い当たる節はありませんか?
ないですか?


さて、そろそろ料理したいのですが。
一体何時になったら水が戻るでしょうか。

それでは失礼します。

ダイエットしてます、というか食生活を元に戻しています。

いつも仕事前に道ばたで飲むコーヒー。カップは水にさっと通すだけなので、かなり不特定多数のジブチ人と間接キッスをしている次第です。


212°1

でもって、先月首都でちょっと高いオーガニックコーヒーを買っていた私。
飲んでみてびっくり、いつも飲んでいたエチオピアコーヒーとは本気で比べものにならないほどおいしい・・。
なんと・・軽くショックを受けながらも自宅でとってもおいしい香り豊かなコーヒーが飲めていたのです。

が、ある日突然味がコロっと変わりました。
風味がなくなってしまったのです。
これも味がもう全然違って同じものとは思えない。

やっぱり挽いてあるコーヒーは鮮度がすぐ落ちちゃうんですね、1ヶ月もたないくらいだった。
おいしいコーヒーが飲みたかったら、開封後は早めに飲む。ですね。

今度は自分で炒って挽いて飲んでみようと思います。
豆から購入です。それが一番おいしいコーヒーを飲めると思う。



今日はマコに、「ね、ミカやせた?」と言われました。


あ、そうなんです~~~~分かりますぅ??
3キロ減量しました。

そう、あれを実行していたのです。

①朝食のパンを禁ずる(バター、ジャム禁止)
②胃袋の限界をみない
③水分きちんと摂る


すると、すんなり戻ってくれました体重。
胃痛もすっかりなくなったし。
まぁまだあとプラス2キロの状態ですが。

やっぱりパンて太るんですね、それにバターとジャムをつけてれば食べ過ぎか。

そう、快便になりました。
食べ過ぎると便秘しますね。


あともうひとつの要因は、同居人のあやちゃんが不在だったこと。
すっかり一人になった私は、食欲もたいして湧かず、料理する程食べる気が起こらずにいました。

なので、病気のようにバナナばかり食べていたのです。
たまにコーンフレーク。
たまにチーズ。
たまにビタミン剤。

てな感じで。

やっぱり人間食べ過ぎは体に良くないことを身をもって感じた次第です。
体がようやく少し軽くなった。


で、あやちゃんが明後日帰ってきます。
それと同時に新しく赴任予定の男子も来ます。
それをマコに話すと、

「それじゃ、顔合わせるのね、一緒に食事するんでしょ?」

「えっ。顔合わせるか分からない。うちには住まないし、数日滞在して一度また首都に戻るらしいから。」

「えっー!?せっかく来るのに顔も合わせないの??料理作って招いてあげなよ!!」

と言われました。

よくよく考えるとそれもそうだ。
と思い、同時に自分て冷たいな・・と実感しました。

そこで、題して「あやちゃんおかえり、原田くんようこそ会」を開催することにしました。

今のところ予定しているメニュー。

・キャベツと豆と玉葱の煮込みスープ
・トマトとチーズのキッシュ
・キャベツと玉葱のレモンペペロンチーノ
・付け合わせのパン
・キャベツとヤギの挽肉煮
・バレンタインにちなんでガトーショコラ


どうでしょうか?
明日はムスリムの祝日で仕事がお休みなので、下準備をゆっくりしたいと思います。

成功をどうかお祈りください。


ジキルのパパ。




先週の水曜からアブちゃんがいない。
あいつは何で私が手作りのお菓子を持っていくときに限っていつもいないんだ。
ラクダってかわいいんですね。


なので今日はファーラと喋り倒していました。
そこへ変態オマールがやってきて、私の電子辞書を持って自分のオフィスへ。
これは奴の作戦です。
「返して~。」とオフィスに私を誘導する作戦です。


「絶対行かんし。使いたかったら好きなだけ使え変態35歳め。」
と奴は懲りずに2人きりになろうとします。
以前も同じ手で私をオフィスへ誘導し、電子辞書を使いながら「好きだ。」を連呼。

無視したら諦めてオフィスから出てきてナース室でファーラと喋ってた私のところへ来ました。

次は私のカメラを首にぶらさげ始めました。
「返して。」

「いやだ。」
と少年のように笑います。

(うう・・もはやその笑顔も気持ち悪いとしか思えないよ・・。)

で私のカメラぶら下げたまま去っていきました。

これは危険だ。そろそろ仕事が終わる時間で人がいなくなる。
そこで2人きりになんて到底なりたくない。勘弁願いたい。

というわけで、ファーラに甘える。

「ファーラー!!オマールカメラ持ってっちゃった!一緒に取り返しに行こう!」

「いいよー。」

そして事務所でオマール発見。
ファーラが「がんばって取り返してね。」と去ってしまいました。

「返して。」
「いやだ。」
の繰り返しです。

こいつは就労時間が終わってみんながいなくなるのを狙っていやがる。
んのャロー。


と、そこへいた私の大好きなコンドームのイブラヒム。
私は「お父さん」と呼んでいます。

「お父さーん、カメラ取り返して~!」

お父さんの権力炸裂です。

「ほら、ミカのカメラ返して。」

無事カメラを取り返すことができ、私は早々に変態35歳の元から離れることができました。

そんなオマールに反して、今日のジャッキーなんて超かわいかった。
かわいい花柄のトップス着て、歩いてた私に通せんぼ。
「ミカ、どこに行くんだ。」

その様子と言ったら、あんまりかわいらしいので笑ってしまうほど。
通せんぼなんて久しぶりにされたよ。


コンドームのイブラヒムa.k.aジャッキーのパパ。
なんか天然でかわいいんですよね。本当に私の父親くらいの年齢。
以前「今夜使う。」と言っていたポケットのコンドームは次の日も健在していました。
あえてツッコミませんでしたが、奥さんに拒否されたのでしょうか。


ibrahim.jpg


今日は病院の正面のレストランで朝食をご馳走になりました。
これは羊の臓物です。
レバーみないな味なのできっとレバーなのでしょう。
これ、おいしいんですよね。
ここ最近ずっと、魚はもちろん肉も全く食べておらず完全にベジタリアン化していたので久しぶりに動物をいただきました。
でも久しぶりに肉とか食べたら下痢するんですよね。



P1020tttt270.jpg



パンと一緒にいただきます。



P102026gg8.jpg


失敗したよ。

さて、本日休日。
なんか毎日過ぎるのが早い。
何してるわけでもないのに。
こうやって一瞬のように2年なんて過ぎてしまうんだろうなぁ。
そう思うと、ちょっとしたことが既に愛しく大事に思えてしまう。
断水さえも。
単純な私に万歳。






2:11:1-2


ガスオーブンが今イチ使い慣れないので、下が丸焦げました。
次はもっと上手に焼けると思います。
バナナとチョコとカシューナッツ入りのブラウニーです。

これもアブちゃんに食べてもらうんだ~。
焼き時間合わせて1時間かからないくらいでできるから手軽に作れます。
ナッツとチョコは首都だけど。


2:11:1-1





これは今作っているヘアバンドです。


2:11-1




さて、日本人はほとんどの人が無宗教だと思います。
神道も儒教も宗教とは違うので、自分で私は仏教ですって言える人ってそういないと思います。
仏教て複雑じゃないですか?ですよね?
同じ仏教でくくられても真逆の教えをしていたりするし。

文化の中に、仏教が入り交じって自然と身近にある、といった具合でしょうか。
私は無宗教至上主義者です。
ここのムスリムの人たちは私に入信を勧めてきます。
どうも、他宗教を信仰しているより何も信仰していない無宗教の人の方が他の宗教を受け入れやすいと思っているようです。

それが大きな間違いで、そもそも信仰心のない人間に新たに信仰心を持たせる方が難しかったりするのです。
なので、私は神様はいないし天国はないと思ってるし、輪廻も信じてない。
人間は死んだらただ無になると思っています。

一日5回のお祈りなんて絶対めんどくさいし、髪は絶対隠すとか、ズボン履いちゃだめとか、お酒飲んじゃだめとか、男女混じって食事しちゃだめとか。

いや、無理むり無理。

でもムスリムの人たちはみんな決まってこう言います。

「お祈りは神との対話だ、お祈りが終わった後の心の安寧は素晴らしい。」
「ムスリムになることで、たくさんのことが得られる。真実に触れられる。」

こればっかりは無宗教の私には到底未知の世界です。

世界人口の割合をみたって無宗教の人間の方が異端なのに、以前は心の弱い人間が宗教を求めるという浅はかな考えでしか宗教を捉えていなかった私。
それ以上に政治的な戦略としての位置が強かったとは思います。
が、現在でも信仰は続いているわけですからね。

無宗教の方が異端だなんて、なんだかそんな世界中の人が信仰する宗教ってなんなんだ・・と漠然ともの凄いパワーと興味を感じるわけです。

まぁ今では敬虔な信者は減っているという事実もありますが。

というわけで、身近にいたって実際体験してみないと分からないだろう。

と思い立った私は、まずはお祈りから勉強。
あれ、慣れたら5分でできるっていうけど、アラビア語がまず分からない人間にとったらお祈りの言葉が難しすぎる。
昼にするお祈りが一番長い。

女子は髪を隠します(ズボンだめ)
手を肘まで洗い、耳も鼻も洗い、頭もぬぐい、最期に足を洗う。

「神は偉大なり。」というアラビア語から始めます。

アブちゃんが「ズボンは後でもいいよ、とりあえず髪は隠さなきゃだめ。」というので、ここ数日髪を隠して出勤しています。

学生や子供達に話しかけられます。
「ね、ムスリムなの?」

「うん、今勉強中なの。お祈りを練習してる。コーランの日本語訳を読んでるよ。」

「えーー!?そうなの??」

と。


ちなみに私は仏教の教えは好きです。
でも煩悩を取り払うのは人間なので無理です。
その点、イスラム教は人間の弱さに寛容で、それを最初から認めた上での宗教だと思います。
イスラム教からすると、多神教は邪道そのものなようです。
それを認めるとアラーは唯一の神であることが否定されますから、イスラム教そのものを否定することになるのでしょうね。

偶像崇拝でもいいじゃない。
仏教なんて、いっぱい仏像あってかっこいいのに。
愛染明王、不動明王、釈迦如来、聖観音、阿修羅、毘沙門天とか。
かっこいいのになー。

多神教の女性とはムスリムの男性は結婚できないんだってコーランに書いてあった。
改宗させれば結婚できるんだってさ。
偶像崇拝の仏教徒とは結婚できるのかな?一応多神教じゃないし。


2年の間に宗教についての理解をさらに深めたいと思います。
もしかしたらムスリムになっていたりするのかしら。
なんてね。

今日はサボってました。

今日は、絵描きの仕事をさぼって久しぶりにアブちゃんとこ行きました。
アブちゃんチャージが切れたからです。


d0107367_18564538.jpg



先日首都に行ったとき、アブちゃんにチョコバーのお土産を買ったからどうしても渡したかったのです。
(溶けるし)

以前、チュニジア留学中に自身がチョコレート中毒であったことを打ち明けた彼。
「いつも授業中に講師の目を盗んで食べてたんだ。」
と、どんだけ好きよ~~~~と爆笑させてもらったのです。

そして、さらに自身が顔面神経麻痺であることも打ち明けた彼。
なんと、私気づいていませんでした。

いつも、右側の口角だけ上げて笑うのがニヒルだと思っていた私。
バランス悪い顔でくしゃくしゃにして笑う笑顔がかわいいと思っていた私。

左側が顔面神経麻痺で動きづらいからであったということが判明しました。
「みか、なんかマッサージみたいなの知らないの?顔の麻痺にいい。」

アブちゃんのためなら一肌も二肌も脱ぐに決まっているじゃないですか。
「うん!ネットで調べる!」


そんでもって今日は、「今日はアブちゃんにプレゼントがあるんだ~。なんだと思う?」

「チョコでしょ。」



「・・・・・・・・・・・・!?!?!?!?」
「ちょっっっっ!!!!なんで分かるん!?」

「ピンときたよ。」

「超能力!?」
「何言ってん。笑」

というわけで、その場でもぐもぐ食べてくれました。


さて、今日はやる気を欠いてとっとと帰ったアブちゃんの後にロブレと話してました。
「みか~~~今日はなんも仕事しないでずーっとしゃべってたね!!」
「うん、今日はなーんにもしてない。内緒だよ~。」
「もちろん!JICAにはもちろん言わないよ!!」
と。
今日はひたすらずーっと喋ってました。イスラム教の話や、コーランを覚えてみたり、アブちゃんと好みの異性や将来授かりたい子供の数とか、ソマリ語教室とか。
クレスポトとゴッシェとアブちゃんに膝蓋腱反射をして遊んでみたり。
(ちなみに全く反射がおきなくて、みんな既にわざと足動かしてた。笑)

私は将来授かりたい子供の数は最高3人、アブちゃんは最高5人ゆうてました。
好みの人は人には散々聞いておいて、いざアブちゃんの好みを聞くと、「うーーーん。わからん。」言うてました。


で、ロブレが「イブラヒムに携帯盗まれたから取り返しに行こう。」

と言ったのでイブラヒムのところへ。

イブラヒムの身体検査を施したところ、ポケットから携帯ならずコンドームが。笑

私「今夜使うんだね。」
ロブレ「あ~ららら~~!」
イブラヒム「うん、今夜使うよ。」

彼は3人奥さんいて、一人離婚して、ちなみに離婚した奥さんの子供がジャッキーです。
なので、50代です。

ロブレと若干ごめーーんて空気になりながら、「彼は偉いね!」と言うと、ロブレは「なんで!?奥さん相手にいらないよ!!」って言ってました。

ロブレ、家族計画はしっかりしようね。

そして、イブラヒム、プライベートにツッコんでごめんね。

ちなみに後でこっそりイブラヒムが私にロブレの携帯を手渡して「渡しておいて、ふふ。」と言い、携帯は無事ロブレの元に戻りました。



明日はサボった分絵描きがんばりまーーーーーーす。

私の前世はチーズだったかもしれません。

実は私、チーズが大好きです。
どうでもいい情報かもしれませんが、すみません。



fromage7.jpg



フランス領だっただけあって、チーズはカット売りしてくれます。
日本の半分以下くらいの値段で買えるのではないでしょうか。

もうおいしくて、毎日食べてます。
チーズがあれば生きていけると思います。

ちなみに私が好きなのは、シェーブルチーズとウォッシュチーズです。
ハードタイプのものも好きです。

でもカット売りのお店は、何がなんのチーズのなのか正直さっぱり分かりません。
かろうじて分かったのは、ミモレットとピラミッドシェーブルチーズくらい。

なので、ミモレットと、fonduって表記してあったチーズを買ってみました。
後で調べると、fonduってプロセスチーズのことらしいです。

日本では「チーズホンデュ」がありますけど、fonduは溶けるという意味があるので、溶けたチーズってことなんですが、

フランスでfonduっていうと、一度溶かしたチーズを乳化させて加工するからfonduっていうらしいです。
ようするに、「プロセスチーズ」

でも、どれもおいしかった。

これ、私的にヒットでした。
日本では売っていないらしいので残念。

fromage2.jpg


このおじさん、伊達にハゲているわけではないようです。


あんまりチーズが好きなので、チーズ博士になりたいと思います。
大好きなチーズに出会うために。

というわけで、今度首都に行ったときは、手当たり次第チーズを買って試してみたいと思います。

完全身内ネタです、あしからず。

あー明日首都行きのバス5時30分なのに眠れなくなった。負のジレンマ!

それもアブちゃんとfacebookでやりとりしたのが嬉しくて高揚してしまったのをきっかけに、

たまたまitunesから、昔のダンスのショーケースの曲が次から次へと流れてきて、

それぞれ聴くたびに、その時の思い出がよみがえって吹き出し笑いしてしまうから!!


28eaca42.jpg



あ~超楽しかったなーーーーーーー!!!!!!!!!!
あれらを超えることはないな、唯一無二の経験や。

ジブラさんとか。
あのときのあず姉さんとてったんさん!!
姉さんあの頃まだ現役でしたから!今もですけどね、留まることを知らない名言の数々。
「なんのために家賃払ってんの。」
エスカレータから転落しそうになった瞬間のてったんさんのお姉的発言!!!ww
おてんとさま!!!!
お二人の披露宴、二次会ではやっちぎらせていただきましたね。

ね、山ちゃん。「だってカサカサすんじゃん?」とか。しらねーよ!
両津勘吉とか。

小矢部で踊ったね。禁断のタカコ。
本気の喧嘩したね。練習するとか送別会行くとか。

出演数十分前ぎりぎりまで、やまちゃんの衣装が決まらなくて私は山ちゃんに「どうっ!?」って聞かれても混乱して「わからん・・いっいいんじゃない?」しか言えなかったよ。
その本番では見事クラッシュしたよね、私のせいだったけど。

そんな私はいつもすぐ悔し泣きしてたよね。
で本番直前うつ病症候群に、よく山ちゃんに怒られていましたね。

練習いつも遅くまでして寝不足続きすぎて居眠り運転で事故ったり。
「しがらみが!」って某イケメンダンサーのお誘い意味分からん理由で断ったね。本気で後悔したよね。
そんな彼は今では超有名グループ歌手のメンバーに入ってたね。
うちらは本当に口ばっかりのへたれやったね。

高岡駅の屋上行ったとき、あまりの柄の悪さに驚いたよね。
その後に入ったマック、あまりにグローバルすぎてびっくりしたけど、山ちゃんがいきなりフィリピンの言葉で挨拶したときはもっと驚いたよ。

ぽのん先輩の黄金屏風!!!!!!衝撃でした。

踊りながら退場しようかと思ったって山ちゃんが言ったこと今でもたまに思い出し笑いしてまうよ。
早すぎる!とか。ww

ダンケで完全フリーズを見せつけてしまった私、「やまちゃんの振りがややこしいからや!」って人のせいにするし。笑 
でもあの振り右むいたり左向いたり本当にややこしかったもん!!ww
あの棒立ちは梟時代の安と同じ事件じゃないでしょうか。

プレデターとか。


あああーーーーーーん。
楽しかったなーーーーーーーー。


一番最高だったのは何と言っても、ライムスターのときのフォース!!
あの時はクオリティーが超素晴らしかったと思う!
曲も素晴らしかった08くん!
あのエリカバドゥかっこえかったー。
5人揃ったのはあれが最初で最後でしたよね?安ちゃまいなかったけど。
毎回の練習も超楽しかったな~~~~~~。
マミーDさんを前に興奮しすぎてむせかえった山ちゃん。心配されてたよね。笑
超かっこよかったな~~~~~~。

振りに追われたり、遅くまで練習して次の日寝不足で仕事すんのも本当きつかったけど、それ以上に好きで楽しかったから今まで続けてきたんやろうな~。
あの本番直前の心臓の爆音とクラブの重低音、アドレナリンが全開。それがまたたまらん。

みんな結婚してなかったし、まだ若くて時間もたくさんあった。

私は高校では勉強せずに力一杯ダンスして遊んで過ごしました。
専門学校時代もくそ忙しいと言われてるはずの看護学生のくせに力一杯ダンスして遊んで過ごしました。
看護学生時代にいたっては、「こんな紙の上の知識身につけたところですぐ忘れるわ!実際の経験積んでなんぼやろ看護師は!」という意味不明の持論のもと全く授業聞いてなかったしなぁ。そりゃ親も呼び出されるわ。

ふと、大した語学力も、大した知識もない自分に、「あれ、学ぶべき学生時代、何してたっけ私。」と思います。

力一杯ダンスと遊ぶことしかしてこなかった私には一体何が残ったのでしょうか。
ふと、ダンスや遊びをほどほどにして勉学に勤しんでいたらまた今何か違ったのかなと思ったりします。

やっぱり、年を重ねると「学びたい」という気持ちが湧いてくるからです。
皆さんはどうですか?
真剣に楽しかったことと、基礎免疫力だけは自信があります。
あと、一生懸命勉強したHIPHOPという文化について・・・。
今のところ、そのhiphopの知識は私の人生においてさほど役立っていません。
強いて言うなら、「what's up めぇ~~ん!!」とジブチ人にhiphop的なノリでこられた場合に対応できることくらいです。
あ、あと先日うちの事務所所長の送別会のときに、コーンローにした隊員に向かって50代の所長が「あ、スヌーピードッグに似てるよね?」って言ったとき、私だけが例えスヌーピーだろうが、それが誰かを瞬時に理解することができたということだけですかね。
「ウェッサァア~~~~イ!」 
カ~ルフォ~ニァラア~ブ♪とバックミュージックが頭に流れましたが、このおもしろさは誰にも共有できず、一人笑いをこらえるはめになりましたが。

さて、
果たしてLUST復活の日はくるでしょうか!?
ぽのん先輩、そしてLUSTの皆さん、私、韓国のショーケースで踊ってみたいです!!!!!ww

あ~明朝4時のマイロ帰りの中華食いて~なぁ。私ワンタンラーメン!!!
そいや、あこのお母さん元気ですか?
あ、ひげラーメンでもいいかな。

最近、「絵描きです」て答えてます。

さて、以前言っていたペンキ仕事の実技試験ですが。


当然仕事を手にした私。

(本当は見せるときちょっとドキドキしたけどね)

描いて見せた絵は大絶賛。

リバンが早速、「始めよう!」とオマールにソマリ語で何か言ってます。

オマールが紙に必要物品を書き込んでいきサイン。
その後エレイエに渡してエレイエが判子を押した。

(ほ~ぅ、経費を使うときはこの2人を通せばいいわけだ)

そして私たちはペンキを調達。に行きましたが売っておらず。
「今ドクターアダンが首都にいるから電話して買ってきてもらうよ。」

というわけで翌日ちゃんとペンキと筆が用意されていました。

2.5:2

見てください、この無駄に多い筆の数!
ちなみに全部、平筆です。
こんな数あるのに、もっとバリエーションの付け方はなかったのだろうか。
しかし多いに越したことはないので、喜んだ私。

も束の間。

リバンがペンキとガス?(って言ってた)を混ぜて準備。

ちなみにペンキって使うとき何かと混ぜるんですか?
小学校以来使ってないので覚えていません。

で、試し書きをして私に一言。

「なんじゃこりゃ!これあかんわ!」


なんで?
と私も試し書き。

「かっっっっっったっっっ!!!!」

「だろっ!?」

物凄い硬さ。

「さすがは中国製だよ!」とリバン。

うん、さすがはだね。悪いけど。
こういう事には日本製は今のところ負ける気がしません。

なので、使うのは諦めて前から病院にあった、超使い勝手悪いけど筆先がまだ柔らかい筆を使うことに。

2.5:1


ここに描いていきます。
ちなみに、ここは病院の正面の建物。
前日に、鉛筆での下書きをしていたので今日は塗り始めました。


患者や通行人は(みんな暇らしく用もないのに病院に遊びに来る)、なにやってんだこの中国人。
という感じで野次馬してます。

ぼそぼそと「中国人・・?」
「いや、日本人だよ。」
「え、なんなの?絵描き?」

やら話してます。


気にせず、3時間ほどして今日はここまで完了。

2.5:3

はっきりあの筆でこんな真っ直ぐ描いたことは自分でも頑張ったと思います。
でも黒い線は左半分は、アラミスが描いてくれました。

でも、私は自分しか信用していないので気持ちだけ有り難く受け取り、全部自分でしたいのです。
アラミスは私の下書きに沿って丁寧にしてくれていましたが、私は私で気が気ではありません。

なので、これ以降はできれば私がしたいです。
でもアラミスは器用なので、いつか私の後継者にと思っています。

さて、どのようになるかはお楽しみです。

this time 4 africa!



皆さん、シャキーラのこの曲ご存じでしたか?


ちなみに私は全く知りませんでした。
ただ、ジャッキーがよく口ずさんでいたので聴いたことがあったのです。
「わっかわっか~おっお~。」と。
「これソマリ語だぜ。」と。
ちなみに、「waka」っていうのは、「ほら」っていう意味です。

仏語では「voilà」

これはソマリ語でもアッファール語でも同じなので、すっかり国の歌だと思っていた私。


ある日、アブちゃんがこの曲を口ずさんだので、私も一緒に口ずさむと「えっ何知ってんの!?」と言われ、驚かれたのです。
その次の日、私がロブレの前で口ずさむと、「それシャキーラの歌だよ。」と教えてくれました。

「えっ!!!???シャキーラっ!?!?!?シャキーラがソマリ語!?」

「wakaってのはアフリカの共通語みたいなもんだよ。大体の国に存在する言葉だね。ちなみにこの歌はサッカーの応援歌だよ。」

なんと。
知らなかった。
ので帰って早速検索した訳です。
明日振り付きで披露してみよ。ウケるかな。

そして、歌詞の意味も今一度調べてみたところ。

ロブレめ・・。ここの人みんな超適当なこと言いやがる。
シャキーラ公式ツイッターでは「輝き」って意味だとのことです。
あとはスワヒリ語でdo it の意味とも。
たまたま発音一緒な単語がアフリカ全土でちらほら共通してるってことかい。
というわけで、その訳の解釈はたくさんあるみたいです。
それもおもしろいですね。


ちなみに、日本ではこちらの曲が一番よくかかっていましたね。
あんまりサッカーには昔から興味が持てなかった私はこの曲もアフリカ出身のシンガーが歌っているくらいの認識しかありませんでした。

が、この人ソマリア出身とアブちゃんから教えてもらいました。
ということは、もし私がk'anaanさんと会うことがあったらソマリ語で挨拶が交わせるという奇跡が起こるかもしれないのですね。




そしてこの曲、歌詞も素敵ですね!

when i get older i will be stronger
they'll call me freedom
just like a wavin'flag

サッカーそのものにどうしても興味が湧かないのですが、世界中の人が注目をして熱狂し、本気で闘うプレイヤー。それって理由なしにかっこいいですね。

なんていうか、国も人種も違う人たちと一つ同じ物を共有して感動できたり楽しんだりできるって理屈じゃありませんね。
素晴らしい。

そして同じ曲を楽しめるのも!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。