スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引っ越しやで~~~~~~~~~!!!!!

新しい引っ越し先ブログ Milky way  http://blog.livedoor.jp/kaho0329/



新しい引っ越し先ブログ Milky way   http://blog.livedoor.jp/kaho0329/



なにやらこのブログ、管理人側の方でかなり問題発生しまくりでもう嫌になってきたので、引っ越しやで!!!

ライブドアにまた戻りまーーーす。

ので、ブックマークの変更の方よろしくお願いします。
今後ともよろしくお願いします。


スポンサーサイト

うちの母親がかわいすぎる件

20110615084546.jpg


母親から写メールがきました。
「髪を切りました。」


かわいいなぁ。
私も母親ぐらいの歳に母親ぐらいの若さを保っていたい!
秘訣はなんなんだろうか。

しかし美雪が着ているシャツは私のではないか?

いつも化粧も落とさず寝ているイメージしかないのになぁ。

フランスでは私も母親くらい髪を切る予定です。
これで並んでたらどんな親子にみえるのでしょうか。

美雪、身長はすらっと167cmにボイン。
なんで似てほしいとこは似ないのか。


美雪は性格も一見冷たそうで実はかわいらしい。
本当にかわいらしい人です。愛嬌があります。
豪快でさばさばしているのに、本当は誰よりも繊細なのです。

私の性格は美雪から幾分も受け継がれて影響を受けていると思います。


美容師だったので、私は小さい頃いつも誰よりも(もう本当に)かわいい髪型でした。
いつもそれが自慢だったものです。


料理は手抜きが得意ですが、ひとたび美雪の作る煮物は絶品です。
子煩悩で子どもには愛情をたっぷり注いでくれる人です。

そして私の勝手な良き相談相手です。
グチばっかりのときは美雪もうんざりしていますが、私は美雪に包み隠さず色んな話を打ち明けます。

ある時は私が号泣していたときは、「かあちゃんまで悲しくなってくるわ。」と涙を流しました。

かわいすぎる。



素敵な美雪さんです。

ゆで卵うまい。

cohi.jpg



先日の首都の帰りは知り合いの車に同乗させてもらって我が家ディキルまで帰路へ。

車なら1時間半くらいで着いちゃうのに、なにかと連れ回された(親切に案内してくれた)ので3時間かかりました。けど、バスで来たら待ち時間含めて軽く5時間とかかかるから、全然ありがたいのですが。
しかもこの時期の首都はくそ暑いので、待ち時間とかもう最悪です。
ぎゅうぎゅうにバスは詰められるので隣の人の汗だらけの腕が密着したりするわけですよ。


で、帰りはエチオピア人の経営するレストランでコーヒー。
ここのコーヒーはあんまりおいしくないのでブラック派の私ですが、少しだけ砂糖をいれるようになりました。




omm.jpg



エチオピア人の彼。
「撮って撮って!」とはしゃいでいたので、パシャリ。見せると「きゃ~!」と喜んでいました。




pohho.jpg




マリア様ですよね?なんでやろ。



sein.jpg





sisyq.jpg



シーシャやカットを楽しめるお店。日本でいう、かわいく言えば漫画喫茶的な?



kkkkk.jpg




torqku.jpg


なんだか久しぶりに夕陽を見た気がします。車の中からひたすら連写。
きれいでした。心が洗われます。



3日で2㌔減りました。今のところ運動も続いています。パンパンに張っていたおなかは随分すっきりしてきました。筋トレってすげぇなぁ。

目指せ!マイナス残り4㌔!そしてそれをキーーープ!!!!!!


ぼくのエリ

先日観た映画がこちら「ぼくのエリ」。


スウェーデンの映画だそうです。

久しぶりに、ヒットした映画です。ストーリーがどうとかではなく、とにかく綺麗。
映像が美しすぎます。
芸術的作品です。


映像がストーリーを物語るとでもいいましょうか。
綺麗だった。

主人公の少年も綺麗なんですよ。もうぞっとするくらい。


f98ca1e77ce5e0182b50441f9f21a5a9.jpg



やっぱりアクションとかコメディ以外の映画ってストーリーを2時間ほどで映像化して伝えるのってすごく難しいと思う。せっかく中身のある映画でも、なんか中身のない話になってしまうのは致し方ない。
それは本と映画の違いというもの。細かい心理描写を映像化するのは難しい。解釈は受け手の感性にも左右されるだろうし。

この映画は映画ならではの作品の魅力が満載と思います。



67ab79d66720a0f6fdc0dda406ae01e5.jpg



主人公の男の子のガチャピンみたいな前歯、かわいすぎ。この子、男の子ですよ?
なんか思春期ならではの不安定さとその不安定さからくる魔力みたいな美しさ。


作中でエリの世話をする中年男性は原作では少年性愛者だということが学校にばれて職を追われた元教師。
エリと出会ったのは最近のこと。

ちなみにフランス語で少年愛のことをpédérastiqueと言います。
私は職場でこんな単語ばかり教え込まれます。一番最近教え込まれた単語は「cadavre」。
「死体」という意味です。私は一体職場で同僚となんの話をしているのでしょう。
それは秘密です。


なんかpédéならではの苦悩も、エリのために殺人を犯しているけど本当はもう心身ともに疲れきっちゃってる彼から現れていました。
エリを愛しているから人を殺す。自分の意志でそれをやめたくはない。けど少しのところでこのまま捕まってしまえばいいとも思っている自分。


にしても主人公の男の子、普通に周りにいたらちょっと気持ち悪いな・・。
殺人オタクでナイフを常備してるとことか。いじめっこの仕返しに耳まで聞こえなくなるようにしちゃったのに、全然悪びれてないとことか・・。
この子まともな大人に育つのかしら。でも純粋すぎるが故に人は歪んでしまうのでしょうか。
こういう時期ってその子の将来を左右するくらい大切な時期なんだな~。いつか子どもができたときのために肝に銘じておこう、親として。


エリは結局のところ去勢された少年。
2人は性別を超えたつながりを持った関係なのでしょう。

個人的にも性別を超えちゃう愛って普通にあると思うんですよね。
それに両性具有の人もいるわけだし。自己の性認識や身体的な性別、性的趣向、全部が必ず一致するなんて逆にあり得ないと思うわけです。
なので、さらに個人的には同性愛がもっと世の中に受け入れられたらいいなと思います。
それで死刑になっちゃう国とかもう・・。


あ、脱線しました。

また作中にでてくるいじめっこ。
もうすごくいじわるな顔してて、役柄がぴったりでした。


こういう綺麗な映画が観たいです。
おすすめ是非教えてください。
ちなみにやっぱり「アメリ」のセンスは最高に抜群だと思います。


映画が割に好きなのは、小さい頃からいっぱい映画を観ていたからだと思います。
母親の影響でしょうか。

暑さで続く眠れぬ日々よ。




最近毎日特に変哲なく過ごしています。
おかげでネタがあまりありません。
写真は今私の中で一番萌えな少女です。


活動の方は相変わらずです。
先日まで、また絵を描いてくれと頼まれて絵描き屋になっていました。
報酬は冷たい水でした。


こないだ小学校の方へ行って偉い人と話させてもらって、手洗いや栄養、からだについての授業をさせてもらうことが決まってから、現在未だ授業の準備中です。
5月の終わりから9月のあたままで小学校が長期休みなので、せめてその間にできるだけの準備をしたいと思います。

さて、
6月に同僚が日本でのカウンターパート研修に参加することになりました。
私のカウンターパートでは全くありませんが、なぜが院長が勝手に選び、彼が参加することに。

なので、私はこれから彼の研修のお手伝いをしなければなりません。
彼は小児外来担当のナースです。

なので、この際私は彼が診察をする傍ら子どもの健康相談や勉強会を開こうかなと思っています。
アブに行かせたいと言ったのにあっさり却下、なのでもうこの小児外来ナースが行くからには私の仕事を嫌でも手伝ってもらいます。

それが彼の使命だ。

でも彼もなかなかいつも診察で忙しい人なので、私と一緒に仕事するのは難しいんだろうなぁ。

ていうか、みんな働きたくないから誰も私のやりたいって言ったこと手伝ってくれる人いません。
でも最近産婦人科の、「ざ・女」スタッフが総入れ替わりして若くて気さくでキレイな助産師さんがやってきました。
ので、ちょっとやりたいと思っていた「母乳マッサージ」的なことをできないかなぁ~と考えてみたりしています。

なにはともあれ、とにかく仏語が上達しなさすぎて仕事にならいのです。
もう・・。
でもこれが今の私の能力、脳力だから仕方ないんだけど。

前の病院を去る前に、とても偉いドクターに言われたことを思い出しました。

「その国に行ってなにか出来るなんて思ったらだめやちゃ、そんな簡単なことじゃないから。ただでフランス語が学べるくらいの気持ちでいいっちゃ。」

この先生にこんなことを言われるなんて思ってもみませんでした。

まぁ最初から私なんぞに何かが出来るなんて思ってないのですが。もう日本人のイメージアップできたらしてやったりくらいの気持ちで。

自分の力を認め、気張りすぎずやればいいのだと。



逃げ。
やれることをやります。


冷や奴が食べたい。
私が世界で一番好きな食べ物は豆腐なのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。